スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと早く出会いたかった

腰痛・腰痛・また腰痛。
歳のせいだから諦めてはいるものの、腰痛はツライ。

とくに朝起きた時の腰痛は、その日一日をブルーな気持ちにさせてしまいがち。
だからベッドのマットはこだわりたい。

ただ、ポケットコイルのベッドで数年間低反発のものを使用してみたものの、
その日の体調によっては朝起きた時にかえって腰痛を無駄に呼び覚ましてしまうことが時々ある。

これは低反発系のさだめなのかもしれないと言えば仕方がない。

しかし、あのトゥルースリーパーシリーズに隠れた名品を発見。
それが、「トゥルースリーパー ネオフィール」。


低反発でなく、中反発。
つまり、沈み込みが少ない。
コレガ実にヨロシイのです。

巷では高反発系のマットがもてはやされておりますが、
どうも今流行りの高反発は、アスリート向けのようだ。
どこからどう見たところで、とても私の体はアスリート系ではない。

ということで試してみようと思ったのが中反発というふれ込みの「トゥルースリーパー ネオフィール

いやー、ビックリ。
期待値が低かった分、余計にビックリ。

恐るべしは中反発。
この中反発が、自分にはピッタシ。

適度な柔らかさと沈み込み過ぎないクッション性は、心地よい眠りにいざなう。
何より朝の腰痛が日に日に減少した。

そうだ、よくある注意書きとして、「効果は個人の感想です。」

だが、あえて書こう。
しかも、太字で。
効果は個人の感想です。
ってか。

でも実感してんだからしょうがない。
しかも自腹で買ってんだから、堂々と言いふらしちゃうもんね。

これこそ腰痛恐怖の無い快適な目覚めを確保してくれる逸品。
しかも通気性が良いので梅雨場のムレムレ感がナシ。
まさにこういうマットが欲しかったんだよ。

あっ、それから、こいつにはカバーは必須。
マットのカバーだけだと、若干薄手なもんで心もとない。

それと、うちの猫がベッドに上がるから爪で引っかかりやすくて傷がつきやすい。
ここのオリジナルカバーは、トゥルースリーパーシリーズには必須アイテムだね。

四隅のゴムはマットの暴れを防いでくれるし、何よりサラサラ感が心地よい。
この「トゥルースリーパー ネオフィール」で使っても蒸れないので快適に寝られる。

これからマットは、中反発に限りますぜ。

トゥルースリーパー ネオフィール」、もっと早く出会いたかったよ。




スポンサーサイト
ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。