スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和の風

風流という言葉が好きです。
花鳥風月、雪月花。

古来より、日本人は山や川、その中の四季を感じながら、自然を愛し、
自然と共に生活してきた民族ではないでしょうか。

そして、自然を愛でることで、ワビ・サビという、
日本人独特の感性を磨き上げてきました。

西洋文明に押し流され、洋風がハイカラと呼ばれた時代を経て来ても、
DNAに刻まれた日本人の感性までは変える事は出来ないでしょう。

宝石や貴金属を植民地から略奪してきた歴史を持つ西洋とは、
精神構造が違うのです。
究極に求めるものは、「物」ではなく、「心」。

そこに煌びやかな輝く石は必要ないのです。
土を捏ね、竹をしごき、鉄を鍛える。
自然から与えられたものに敬意を持ち、自分自身を自然の一部に感じる。
それこそが、世界に誇る「和風」の美学ではないかと思います。

そんな和風の美学を現代風のファッションアイテムとして、
あえて形に作るとどうなるか。。。

その答えの1つと呼べるデザインが「和美」にありました。
「和美」と書いて-WABI-(ワビ)と読ませるようです。



和美 -WABI-」は、日本の伝統と現代の美を融和させた個性的な
和風ジュエリーやアクセサリーのブランドです。

こんなユニークな花札の「猪鹿蝶」のペンダントは面白いですね。
「荻に猪」、「紅葉に鹿」、「牡丹に蝶」のセットってのが洒落ています。

猪鹿蝶


また、可愛い福耳の「三日月に跳ね兎」と、旅立ちを祝福する「月輪に蝙蝠」のペア、
「恋月夜」は、是非、男女ペアで持ってもらいたいアイテム。
留学生の友人などにプレゼントすると、きっと喜ばれる事間違いなし。

恋月夜


それから、軽いデザインでなく重厚な伝統柄のアクセサリーなら、
卍をくずして組み合わせた形のデザインをモチーフにした、
慶事礼服に使われていた有職文様の紗綾形のペンダントがオススメ。

紗綾形ペンダント 紗綾形ペンダント

紗綾形文様は、「雷文つなぎ」とも呼ばれ欄間や衝立などの和風装飾によく使用されます。
少しかしこまったデートに付けても、全然イケそうな感じのアクセサリーです。

いずれも日本のワビ・サビの趣が、日本人の感性を満足させてくれるアイテムです。


和美 -WABI-





スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。