スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞ、沖漬け

いかの沖漬けは、 沖(船の上)で漬けるから沖漬け。
非常に分かりやすいネーミング。

ただし、捕獲してスグの、活きているうちに昆布醤油のタレに放り込まないとダメ。
可哀想だけど、タレの中で溺れて、内臓に昆布醤油がしみ込まないと、生臭さが残ってしまう。
逆に考えると、内蔵にまでシッカリとタレの味がしみ込んだ物は、沖漬けの良品であると言える。

当たり前だか、良い沖漬けは、旨い。
鮮度が命の沖漬けは、単純な品だけにイカの良し悪しが全てと言える。

半ば解凍状態の沖漬けを、薄く輪切りにしてソルベ風にして食べるもよし。
ホイル焼きにするもよし。
この場合、焼き過ぎは禁物だ。
せっかくのイカが、固くなっては勿体無い。

内臓のゴロを取り出して、酒で溶いて火を通す。
それを輪切りのイカの身に塗って、もう一度焼く。

コレが、やたらとウマイ。(>_<)

 奥尻島産・本物の活いか沖漬け
スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。