スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の自然を健康飲料にした

南の島の楽園、沖縄は長寿県としても知られるところ。

温暖で快適な海の自然からの贈り物と、手付かずの野趣溢れる
特性を持つ食べ物がふんだんにあるのもうれしい環境。

そんな恵まれた環境に住む人達が健康なのも納得のできる所です。

この健康のお手本のような沖縄の歴史が生み出した健康飲料がありました。
それが、沖縄県推奨の県産品、「爽々(そうそう)」です。

「沖縄県推奨の県産品、「爽々(そうそう)」」

爽快さが魅力の製品なのでしょうか。
「涙そうそう」の歌の歌詞とは違った、爽やかさを感じる明るいネーミングです。

沖縄の契約農家で丁寧に育てられ収穫された野草十二種の発酵エキスと、
4種類の沖縄健康素材が閉じ込められた健康飲料の「爽々」。

これはナカナカの逸品の模様。
しからば、まずは飲んでみなければなりますまい。(^_^)

このお猪口くらいのスケールキャップで約30㏄が一杯分の目安。
うーん・・・、原液だとお世辞にも美味しそうな色合いとは。。。

「爽々原液」

まずは、ストレートで一口と。
フーン、・・・独特の風味です。
でも香りはそんなに、嫌じゃない。
香草の強い薬膳酒と思えば、大丈夫。

ただ、味はかなりの強めです。
酸っぱさと、エキスの濃さがノドに刺さるようです。(-_-;)

自分には原液そのままでは、ムリです。
そこで、水で薄めてしまうよりは、ジュースを混ぜてみることに。

しかし、清涼飲料水では折角の成分が台無しになりそうです。
なので、100%果汁の物を使用することにしました。

「果汁入り爽々」

これは、大正解です。
3倍程度のジュースをいれて飲むと、ニオイも味も柔らかくなりました。
これなららば、完全に平気です。
むしろ、グイグイ、イケます。

毎日、3杯程度が飲む目安らしいので、朝昼夜の食事時に飲むことにします。

もう既に飲み始めて、三日目。
気のせいか疲れにくくなったように感じます。

沖縄産の十二種の野草なんて、そのままなら口にすることも無いでしょうが、
こんな健康飲料に仕上げてくれると、自然の賜物である野草エキスを摂取しやすい。

毎日の食事も野菜不足が気になる日々です。
メタボの心配もあります。

せめて、この「爽々」を飲むことで、気休めにでもなるかなと。。。(^^ゞ

それと実は、この「爽々」。
女優であり、エッセイストでもある池波志乃さんも愛飲されているそうです。
しかも、「爽々」が池波志乃さん執筆の「植物のある風景」に紹介されたとか。

「池波志乃さんも愛飲」

池波志乃さんのご亭主、中尾彬さんも何かとこだわりの御仁。
やはり、志乃さんも健康飲料には厳しい目をお持ちのようです。

やはり、物の良し悪しが分かる人は、本当に良い物を見つけるようですね。






スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。