スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片頭痛に、フキのサプリメント

時々、原因がよく分からないけど、頭痛がしたりすると片頭痛かなって思います。

皆さんは、片頭痛って書きますか?
それとも、偏頭痛の方でしょうか?
どちらも「へんずつう」ですが、書き方としては「片頭痛」と「偏頭痛」があるそうです。

では、一体何が違うのでしょう。。。

ところが、2種類の書き方があっても、片頭痛も偏頭痛も同じ頭痛だそうです。
正式な医学用語としては「片頭痛」とされているものの、
しかし、あの辞典代名詞である広辞苑には「偏頭痛」の方だけが掲載されているとか。

なんとも摩訶不思議な事実ではないでしょうか。。。

因みに「偏頭痛」の意味は、「頭の片側だけに局限された劇しい発作性の頭痛」
とは広辞苑の説明です。
だけど、現実的には片側だけの痛みだけでなく、頭の両側が痛むという方が、
4割もいるというから、なんだかおかしな話です。

まだ医学的にも完全には解明されていない不思議な片(偏)頭痛ということでしょう。

でも実際には、片頭痛で悩んでいる方は大勢いるわけです。
そんな片頭痛に悩んでる人に朗報です。

それは、ハーブ生まれのサプリメント「ペタドレックス」。



ペタドレックス」は、30年以上の販売実績の
あるハーブ活用国ドイツの、Weber & Weber社が開発した製品です。

主成分は、バターバーと呼ばれる西洋フキ抽出物「ペタシン」。
フキ?
そうです。
あの♪筋ィ~の通った、フーーキ。♪のフキです。
それも日本のフキとは種類の違う西洋のフキです。

フキには、アルカロイド系のPAs毒素が含まれているのでは・・・。
と、考えた方は、薬学系?

でも大丈夫、
ペタドレックスで使うフキ抽出物は、抽出時にPAs毒素の除去を行っています。
モチロン、安心で安全な製品です。

そして、この天然ハーブの力によって、片頭痛特有の重苦しさや、
ズキズキする頭痛を和らげてくれるそうです。



成分に関しては、充分に研究されているサプリメントなので心配は無いでしょう。
痛み止めなどと違って、眠くなったり、ダルくなったりはしないようです。
ということは、気軽に仕事中でも勉強中でも利用できるということですね。

それに、漢方薬のように長期に渡って長く利用を続けて効果がでるなんて、
健康食品ではないそうです。
予防的な使い方でも、不調を感じてからの摂取でも大丈夫だといいます。

しかも、春先の悩みのタネである花粉症にも期待ができるとか。
体内に入りこもうとする花粉を排除するために体内では戦いがあります。
戦いの武器は、花粉を適とみなした「IgE抗体」。

その結果、体の防御システムにより放出されるヒスタミンやロイコトリエン。
様々な化学伝達物質によって花粉との戦いが行われることで、あのツライ、
くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどが引き起こされてしまいます。

確かに花粉症は、命に関わるほどではないでしょう。
でも中には、煩わしい鼻をいっその事、モギ取ってしまいたいという人もいるほど、
花粉症の本人にとっては、とてもつらいものです。

症状緩和の薬はあっても片頭痛同様、現在、これといった特効薬の無いのも
残念な状況です。

ならば、医薬先進国ドイツの知恵が生んだ、ハーブ生まれのサプリメントを試してみては。

西洋フキ独特の成分「ぺタシン」が、不快な状況を緩和してくれるかもしれません。

ただ今、無料サンプルプレゼント中です。



【初回特典】片頭痛対策サプリメント



スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【医学用語】についての検索結果をリンク集にして…

医学用語 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。