スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでもハードボイルド

今までにテレビドラマで刑事モノは数々あったけど、
大好きなハードボイルドの本家と呼べるのが、懐かしの70年代刑事ドラマ、
丹波哲郎の出演していた「Gメン'75」でしょう。

他の番組にも言える事だが、その時代ホームビデオなど普及しておらず、
テレビ番組はリアルタイムで見なければならないのが当然でした。

録画しておいて、後でゆっくりもう一度なんて事は、
余程の上流社会の人で無いとできない贅沢なお話。

だから、どうしても都合が悪くて見られなかったりして、
次の日に友人から昨日の番組内容を聞いたりするしかなかったものでした。
それと、ドラマの途中に急にトイレに行きたくなったりする事も・・・。(>_<)

自分にとって、土曜の夜9時のイメージは、やっぱり「Gメン'75」。
ハードボイルド刑事ドラマの最高傑作でしょう。

今も脳裏に焼きついている滑走路を横並びで歩くタイトルバック。
そして、頭の中でリフレインされる菊池俊輔作曲の「Gメン'75のテーマ」。
確か、その滑走路のロケ地は自衛隊の航空基地だったはず。

アクションドラマが多く作成されていた時代の中で、
あれほどシリアスで本物のハードボイルドのドラマは無かったように思う。
完成度の点でも際立っていたと感じます。
おそらく、今見ても面白い本物の実力は俳優達の競演でした。

現代は、テレビ番組も録画し放題。
映画も自宅で見られる時代。
それに昔のテレビドラマもDVDで見られるようになりました。

モチロン、「Gメン’75 DVDBOX」も第4弾となるDVD-BOXが
2009年1月発売予定となっています。

そこで、キャンペーンを兼ね発売元の東映ビデオ株式会社が、
製作イベントを行うそうです。

題して、「Gメン’75 ファンが選ぶベストエピソード」。

ファンの「Gメン’75」に対する熱い想いやコレだけは見せたい名シーン。
あの傑作のストーリーは、今も忘れられない。。。
なんていうエピソードがある方は、参加してみましょう。

応募者の中から抽選で3名に、2009年1月発売予定の
「Gメン'75 DVD-COLLECTION BOX」をプレゼントされる可能性があります。

参加方法は簡単。
Gメン'75のDVD製作イベントはこちらGメン'75のDVD製作イベントはこちらの応募専用フォームサイトから、
好きなエピソードを話数ナンバーで最大5話まで入力。
当選通知用のメールアドレスだけ入力するだけ。

投票結果は、収録タイトルと共に9月上旬に発表予定。
もしかすると、発売されるDVD-BOXの収録エピソード内容に反映されるかも。(^.^)

いつまでもハードボイルドのこころを持ち続けている同志の皆さん。
Gメン'75のDVD製作イベントはこちらです。



[この記事はTGレビューによって書かれています]


スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。