スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の明太子

誰が発見したのか、発明したのか分かりませんが、
まったく、罪なものを見つけてくれたものです。

それが、「明太子」。
コレを嫌いだという人の気が知れない。。。(^_^;)

炊き立ての熱々ご飯に乗せることを考えただけでもヨダレが落ちそう。
少し残しておいて、仕上げにお茶漬けとするのが自分の必須手順です。

あと、マヨネーズを和えるとナンにでも使えますね。
パスタに使って、「明太子スパゲティ」。
オムスビに入れれば、最強の「マヨ明太子おにぎり」。

でもでも、究極に旨いのは、強火で軽く炙っての「炙り明太子」。
こいつにダシ醤油をかけると、何杯でもご飯が食べられる。
もちろん、肴にも最上のアイテムになります。

ただ、この食べ方は、明太子の良し悪しがすぐに分かるので気をつけて。
安物だと、明太子のエグミが強く感じてしまいます。
できれば、いい品質の物がある時のオススメです。

例えば、「博多」といえば、「辛子明太子」ですけど、
そこでも幻の明太子と言われる「紅龍(あかいドラゴン)」のような、
明太子なら言うことなし。

博多 辛子明太子 紅龍(あかいドラゴン)」は、
紅龍の名に恥じないほどの大きさを持つ、厳選された明太子です。
それが名前の由来となるほどの粒の大きさを持っています。

「真子」と呼ばれる完熟卵のみを使用するこだわりの逸品。
その中から、長さ15センチ以上の大ぶりのものだけを贅沢に選別。
まさしく「紅龍(あかいドラゴン)」の名に恥じない究極の明太子です。

紅龍(あかいドラゴン)

しかも、秘伝のダシをベースに120時間熟成の手間をかけた仕上げの製品。
裏メニューとして、常連しか食べられなかった幻の明太子だったのです。

ナント言うわがままな作り方。
ナント言うこだわりの作り方。
こんな辛子明太子を食べたら、他の明太子食べられなくなりそうですね。

それが現在、限定販売中だとか。
サイトを見ると、ヨダレかとまらなくなってしまうのでご注意を。

そう言う自分も、ご飯を今すぐ炊きたくなってます。(^^ゞ

紅龍(あかいドラゴン)




スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。