スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越しはプロに限る

この世で、うんざりしてしまうものが二つある。
一つは年末の大掃除。
もう一つが、引越しなのだ。

とにかく煩わしいったらありゃしない。
荷物を区分けして、梱包して、運んでまた荷解きして・・・。

特に家の建替えの場合は大変なのである。
嫌でも短期間の内に引越しを二度しなくてはならない。
つまり、言って濃いの引越しなのである。

家が新築になる嬉しさもあるが、それよりも引越しの煩わしさがニガテだ。
めんどくさがりと言われれば、確かにその通りである。
反論の余地がない。。。(^_^;)

それでも、ナンヤカヤ文句を言いつつも、とにかく引越しを始めた。
まず、倉庫のような荷物置き場を確保。
軽トラックを借りてきて、運べそうな細々した物を自分で何往復も運ぶ。

引越し先は、歩いてもいける程度の距離なのに、何だか効率が悪い。
その量は、運べども運べども我が仕事楽にならず、じっと荷物を見る。。。
ミタイナ心境。

どうにもコレでは、期日までに運びきれそうにない。
そこで諦めて、引越業者に依頼することにした。

荷解きや梱包は、他人にやらせたくないので、とにかく荷物を運ぶだけ。
運ぶ場所も近いので、見積価格も思ったほど高価でなく拍子抜けするほどだった。

3人ほどの係員が来て仕事を始めたら、早いというか効率が良いというか、
動きと要領に無駄が無いのである。

感心したのは、二人で運ばねばならない重さの荷物を運ぶ時の
目配せと適確な動きは、まさに阿吽の呼吸というのだろう。

さすがに引越のプロ、一人ひとりの能力が、かなり高い。
どこかチカラだけではない、何かコツのようなものがあるようだ。

その荷物の持ち方やトラックへの乗せ方一つ一つに感心させられたものでした。

時間も体力も節約するなら、引越はプロの引越業者に頼むべきと納得。


スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。