スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望まれる最後の治療

ガン。
もしも、この言葉を医者に告げられたとしたら、平気では無いだろう。
目の前が真っ暗になるかもしれない。
それほど、怖いイメージがあります。

しかし、がん治療として1つの光明があることを知りました。
それこそが、ガン患者のための「高濃度ビタミンC点滴」という治療法。

風邪に罹った時にビタミンCを大量に服用すればよいと発表した、
米国の化学者ライナス・C・ポーリングにより提唱されました。
もう30年も前の事です。
当時は認められなかった理論でしたが、その後
「ビタミンCは選択的に(癌)がん細胞を殺す」との概念は正しいという
結論が発表されたのです。
現在ではアメリカで約1万人の医師、日本でも約100人の医師たちにより、
高濃度ビタミンC点滴」によるがん治療が行われているようです。

つまり、決していい加減な民間療法の類ではなく、がん細胞を殺すという
作用を解明された権威のある安全な治療法ということのようですね。
ただ、副作用の危険がある人もいるようなので事前の検査は必要ですね。

良い効果を得るためには、計画的でかなりの量の高濃度ビタミンCを
摂取せねばならないようです。

それにこの療法には、また健康保険は適用外というのも残念な事。
つまりは、自費診療ということ。

この療法には、月に20万円程度が必要らしいが命には代えられないでしょう。
出来れば高濃度ビタミンC点滴療法の早急な保険適応を望むばかりです。


ほくろ除去がん治療のご相談は木村専太郎クリニック




スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。