スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナーで表現

コミュニケーション手段が、ケータイ全盛となった現代では、
自ら筆を取って手紙を書くということが少なくなりした。

年に一度の年賀状でさえ、プリンターの頼りになる始末。。。

昔は、家族とのやり取り友人との連絡、
愛しい人との恋文ともなれば手紙意外は考えられないものでした。

書き出しの言葉一つにしても辞書を傍らに思いあぐね、
誤字脱字に細心を注意を払いつつ何度も下書きをしつつ
推敲を重ねて書き上げたものです。

それというのも電話と違い、形に残る手紙というものは、
後で読み返された場合、文体や書き方に人それぞれの個性や
人柄が強く表れるものです。

いい加減な手紙を書く者は、思慮浅い人と思われかねません。
最低限の手紙のしきたりや手紙マナーに気をつけて、
書くのが当然の常識でしょう。

字の書き方一つ、言葉の選び方一つに、その人なりが表れます。
手紙は、その人を深く理解することが可能なアイテムでした。

また、お礼状のような大人としての人間性を表現する
手段としても手紙は便利なアイテムだと思います。

注意すべきは、冠婚葬祭などの案内状などには、
定型的な書き方があるので、あまり独創的な書き方をすると
常識のない人物と思われかねません。

逆に考えれば、一般的な手紙マナーを覚えておけば、
常識ある大人として目上の人にも良い印象が与えられるので
アピールの方法としては、誰にでもできる簡単なツールと
言えるのではないでしょうか。


スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。