スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞ究極

昨今のラー油ブームに、いささかうんざり。

所詮はたかが、ラー油じゃないか。
の意見に賛同。

だったのですが、・・・。

これは違った。
さすがは、究極の辣油(ラー油)と言うだけあります。
正直、脱帽。



噂を聞いたので試しに取り寄せてみようと思ったのが1ヶ月以上前。
若干、忘れかけていた頃になっていきなりのクール便到着でした。

盛夏の折、クール便で品質保持の為なのは分かります。
それにしても賞味期限1ヶ月って。。。
これは本物かも。。。と期待が深まりました。

賞味期限は1ヶ月

ビニールで密封されての丁寧な梱包。
なにやら由緒正しき(?)説明書も添付。

究極のラー油

製造者のこだわり具合が半端ないのも確認できました。
だけど、1瓶が1,000円ですからね。
納得できるだけの物なのか、少々疑いながらの発注でした。


イザ、蓋を開封してみても、匂いに強い辛さは感じられません。

まずは、スプーンですくってみて観察。

ラー油

ヒマワリ油が原料のせいなのかサラサラした感じの油です。
ドローッと垂れる感じがありません。
舌にまとわりつく、クドイ感じがしないのは好印象です。

具材として入っている、葱・玉葱・ニンニク・昆布・唐辛子が
粒状態で沈澱しています。
味付けは、スパイス・塩・ハチミツになっている。

しかし、このスパイスがポイントなのでしょう。
カラい、辛いぞ。
あとから体がジンワリと火照ってくる感覚です。

それなのに、もう一口が欲しくなる。
絶妙の辛味と旨味と、具材の確かな食感が心地よくて後を引きます。

あぁ、ウマい。。。
これ、ホントに旨いです。。。

レシピ例

レシピの食べ方にあるように、冷や奴に炒め物の味付けに、
サラダドレッシングの味付けに等々。。。

多様な料理の調理時のアクセントに使用することが可能な味です。

ただし、究極の辣油(ラー油)は生モノ。
この100gのビン入りを1ヶ月で使いきる覚悟は必要。

でも、辛い物が好きな人ならば、おそらく1週間も持たないはず。

苦手に人でも、ラー油のクセに不思議な甘さに食べたくなるでしょう。

ただし、なぜかしら食べた後から噴き出してくる大量の汗には注意。

少し以前に流行った、デトックス並みの体内から湧き出る汗は、
体の中をキレイにしてくれます。

今、売れてるフレーズの、辛くないのにカラい味。

それの最高峰に位置するのでは思えるラー油。

究極の辣油(ラー油)は、納得の逸品でした。

スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。