スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブなのか、キャベツなのか・・・

まだ、少し珍しいかな?
コールラビ。

見た目が、やたらに茎と葉が生えているカブ。

ドイツ語で、コールはキャベツ、ラビはカブの意味
つまりは、キャベツみたいなカブ。
もしくは、カブのようなキャベツ。

あぁ、アブラナ科らしいから、キャベツの仲間だな。

園芸の世界では、別名「かぶかんらん」とも呼ばれてる。
ココで言う「かんらん」はキャベツの意味。

扱い方は、カブと同じ。
皮を厚めにむいた方がいい。

アクが無いので生食できる。
味は、キャベツの芯の甘味が増した感じ。
食感もシャクシャクしたキャベツの芯に近い。

煮崩れをしないのでシチューで煮込んでも美味い。
千切りして、サラダやキンピラもイケル。
スライスしたらマリネにもOK。
見た目が妙なクセあるのに、味の方はクセがない。
だから、調理方法の幅は広い。

一夜漬けの漬物にすると良さそう。
だって、このピクルスにしたヤツは、かなり美味いもの。(^.^)

コールラビ・ピクルスRサイズ コールラビのピクルス

スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。