スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人材確保も企業間取引の時代だ

景気の回復と団塊世代の大量退職は、人材の確保という問題を生み出している。
ついこの前までは、景気悪化に伴う雇用状況の悪化を唱えていた気がする。

そうは言っても依然格差は存在するのであるが、上昇機運に乗る企業としては、
出来るだけ優良な人材を確保したいのが正直なところだろう。

一般的には、求人する企業に応募する希望者の図式である。
この場合、企業としては、応募待ちの姿勢となる。

しかし、考えて見れば、人材ならば人材派遣会社があるではないか。
この場合、企業からのオファーを待って人材を紹介する姿勢となる。
ココまでは、当たり前の図式である。

ところが、「人材サーチ.com」ならば、人材企業側から求人する企業にオファーを出せるのだ。
人材企業は、人材が欲しい企業に売り込みをするだけでなく、求人情報を見て人材情報のオファーを出すことが可能なのだ。
つまりは、逆オファーというわけである。

企業側のメリットとしては、求職者の応募数が少ない求人企業や求人広告費用の高額な負担リスクを解消できる。

人材の売り手・買い手お互いが、オファーを出したり、受けることができる事で、希望する人材の検索ができるサイトというわけだ。

人材サーチ.com」の場合は「BtoB」、いわゆる企業間取引によって求人・人材派遣を成立させることが出来るのである。
BtoC、BtoEが、求人・人材確保の常識であるというのはもう古いのだ。

人材サーチ.com」は、「求人企業」と「人材企業」の課題を一度に解決してくれるのである。


スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。