スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャムの本道を沢屋に見つけた。

軽井沢の手作りジャム。
と言えば、いわずと知れた「沢屋のジャム」。

国産の生果実と国産のグラニュー糖を使用した品質の高さは、折り紙付きである。
量販店の糖分と添加物だけで練り込まれたジャムもどきをジャムと呼ぶ人には、
もはやジャムと呼んでいる世界とは違うレベルのジャムの味を体感できる。
本物のジャムとはこういう物を言うのである。

一度購入すれば、その味のとりことなるものも少なくない。
このジャムを知る人の中では、軽井沢土産の定番とされている。
なぜなら、コレを贈っておけばまず間違いがないと思っているからである。(^^)v

その沢屋にも様々なジャムがあるのだが、定番品のイチゴが絶品である事は今更の事だ。
限定的な商品の中にも優れたものがあるのである。

沢屋ネクタリンジャム」。

ネクタリンは、モモとプラムの交配であるらしい。
因みにモモもプラムも好物である。

ネクタリンの実は、若いうちはシャキシャキして歯ごたえがある。
熟して柔らかくなって来ると、噛めばあふれんばかりの果汁がある。
実の表面は、毛がなくツルツルしていて丸かじりで皮も食べらる。
ただし、皮は若干酸味が強い。

そのネクタリンで作られたジャムは、甘味の中の酸味がバランスよい。
何故か忘れた頃に食べたくなる魅惑的な味である。

 沢屋ネクタリンジャムS

スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。