スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方で行こう

もう、カンベンして欲しい・・・(ーー;)
マイッタから・・・(ーー;)
 
免疫学的には、花粉症の人は、リンパ球過剰体質なのだという。
反対の顆粒球が多い人に比べると、長生きの体質だと言えるらしい。
なんだか、嬉しいような、嬉しくないような・・・(^^ゞ

どうすれば良いのか?
 
まずは、ストレス原因(花粉を含む)を避ける。
もしくは、根本治療として、リンパ球過剰体質の改善をするしかない。
 
リンパ球過剰体質の改善と簡単に言うが、日常生活の中で、
副交感神経 を優位にさせない事らしい。
 
・甘い物のとり過ぎ、(ギクッ)
・運動不足、(ギクギクッ)
・肥満、(まだまだ)
・排気ガスを避ける、(ムリ)
・農薬残留食品(気にしない)・・・等々。
 
こんな話を聞いた方が、余計にストレス溜まるわ・・・(-_-;)

サントリーと共同開発した花甜茶
そう、あのサントリー。
最近のサントリーは健康グッズが強い。
コレもその一つ。

花甜茶は、中国に自生するバラ科の落葉低木「甜茶」の葉を乾燥・抽出したエキスに、
同じバラ科のサンザシエキスを配合した健康茶です。
日本に繁殖する甜茶は、ユキノシタ科の植物なので、中国産のモノとは違うもの。

甜茶 は別名「開胃茶」とも呼ばれている。
中国では、古来より長く飲み続けられてきた健康茶。

しかも、バラ科ならではの芳ばしい香りが良い。
ほのかな甘味があり、大変飲みやすい。
ウーロン茶よりも、ずっとウマイ

スティックタイプもあり、おいしい便利な健康茶だ。

ともかく薬で、症状の緩和は出来るにしても、薬が体に良いはずはナイ。
ここは、やっぱり中国4000年の歴史にすがり、漢方で行こう。


 花甜茶

スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。