スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホッケ如きと侮ってはいかんぞ。

北海道ではポピュラーな魚のホッケは、呼び名の変わる出世魚である。
稚魚のうちは、まずアオボッケと呼ばれているが、
1才近くになるとロウソクボッケと呼ばれる事となる。

春を迎える1才半頃にハルボッケとかマキボッケと呼ばれるようになり、
この位だとまぁまぁ一人前だろうか。

しかし、ホッケ本来の脂の乗りは、まだまだである。
春先に痩せているホツケも夏頃には、ようやく脂が乗りだす。

回遊せずに岩場に定着した奴を根ぼっけ(ネボッケ)と呼び、
このあたりだと脂の乗りも最良となり、旨いホッケとなる。
本州各地で重宝がられ、居酒屋などでは高価な価格になるのもこのサイズであろう。

しかし、その根ぼっけの内でも成長の格差があり、中には30cm超えのものまで。。。
それを地元の人々は、愛情を込めて「ドウラクボッケ」と呼んでいます。
そう、道楽息子のドウラク。
丸々と太った「ドウラクボッケ」は、まさに道楽息子の体躯そのもの。(^.^)

家庭用のグリルには、入りきらないかも。(+_+)
その時は、仕様が無いから尻尾を切ってしまおう。
それでも入らないなら、頭を少し切り落とすしかない。

そんな馬鹿な・・・。
と思われるかもしれないが、想像以上にデカイのである。

しかも身の厚さも半端じゃない。
じっくり日を通さないと生焼けになるので注意が必要だ。

焼けば溢れ出るホッケの脂に驚く事間違いなし。
たかが、ホッケと侮ってはならんぞ。。。


 道楽ぼっけ
スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。