スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在のカレーは、シャレている。

自分の子供の頃のカレーは、今のカレーよりも黄色かった気がする。
いや、確かに黄色かった。
小麦粉ベースにカレー粉を入れたものだったからだろう。
今にしてみれば、失礼だが、「あんなもの」の部類である。

しかし、「あんなもの」が妙に懐かしく思うのだ。
そして、もう一度食べてみたいのである。
現代は、カレーといえば、本場のカレーから豪勢なカレーまで多種多様にある。
どの店で作るのカレーも、店舗で販売されているどんなカレーもシャレている。
昔の黄色いカレーに比べれば、おそらく遥かに旨いであろう。

だが、あの頃のカレーの味は、そういった旨さとは違う次元なのである。
口の舌で味わうものでなく、心の舌で感じ取る味なのだ。
それは、あの頃の思い出と一緒になった思い出の味なのである。

そんな昔の黄色いカレーの復刻版とも言うべき製品があるらしい。
それが、ANAグルメ倶楽部の専門市場「astyle」にあるらしい。

その製品の名前が、これまた愉快で、「あぁ、僕のライスカレー」という。

なるほど、その通りだ。
僕のライスカレーなのだ。
カレーライスではない。

昔のク●レカレーのテレビCMの歌にあった歌詞だ。
♪ライスが多けりゃ、ライスカレー。♪カレーが多けりゃ、カレーライス!!♪

多くの視聴者が、そうなんだ。。。と、その歌詞を信じたものだ。
因みに正解は無い。
食堂などで、ライスにカレーのルーをかけて出すのが、ライスカレー。
カレーなどのルーを別の容器、ターリーなどに入れて出すのをカレーライス。
と呼ぶのが正しいという説もある。
単に昔、普通の家庭で作られていたものが、ライスカレーで、現代のように
シャレて本格派などと言うタイプがカレーライスという説もある。

どちらにしても日本食だ。
カレーの本場、カリーはライスカレーでも、カレーライスでも無い代物だから。(^^ゞ

ただ、存在しているのは、「あぁ、僕のライスカレー」なのである。

astyle ANAショッピングサイト

リンクシェア レビュー アフィリエイト



スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。