スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森下仁丹

森下仁丹って、ご存知ですかね?
仁丹さえも知らない世代が増えてきました。(+_+)

言わば、漢方製剤的丸薬口中清涼剤とでも申しましょうか。。。

今で言う、フリスクみたいな物の元祖と言える製品ですね。
昔のタバコ屋には、大抵、これ見よがしに置いてありました。

中身はと言うと、何種類もの生薬を練り固めたものが入っています。
一見、口にするのをためらわせる銀色の粒。
小さく毒々しい違和感も大したものだが、その独特のニオイも特徴的です。
子供が簡単には、手を出せないような無言の存在感を感じたものです。

でも、梅味の梅仁丹は、何故か親しみやすく大好きでした。
駄菓子などとは違い子供にとっては大変高価だったのですが、
口にする事で、少し大人の世界に近づけるような気がしました。

そんな仁丹の代名詞が、森下仁丹。
闘牛士スタイルみたいな「大礼服マーク」のトレードマークを
一度くらい誰もが目にした事あるでしょう。

実は、あのマークのキャラクターは、外交官だそうです。
自分は、てっきり軍服を着た軍人かと思っていました。

今も仁丹は作っているのでしょうか。。。?
そんな疑問を解決しようと、森下仁丹をネットで探してみました。

森下仁丹オンラインショップ



アラララ・・・、仁丹だけでは無いのですネ。。。(^_^)
創業1893年というから、明治26年から110余年の老舗です。

ビフィズス菌”の研究を長年続けているそうです。
その”ビフィズス菌”を利用した、「健康食品」の販売もしていいます。
何でも、独自のカプセル技術で包んだのだとか。。。

あぁ、そうか。!(^^)!
仁丹は、極小のカプセルみたいなモノです。
その独自のカプセル技術で、ビフィズス菌を生きたまま大腸まで届かせるのですって。

それが、『ビフィズス菌【ビフィーナ】シリーズ』というわけですか。
そう言えば、【ビフィーナ】という名前を聞いた事がありました。(^^ゞ

また、この”ビフィズス菌”の研究を一歩進めて、「基礎化粧品」も製造販売しています。
”ビフィズス菌”研究から生まれた潤い実感スキンケアで人気のある、
あの【BIFINA基礎化粧品】も森下仁丹の製品だったのですね。

時代が変わると、企業の役目も変わっているようです。
独自技術でもって、「健康食品」で人々の人生を支えている。
今の「森下仁丹」は、人生応援企業なのですネ。(^.^)

森下仁丹オンラインショップ




リンクシェア レビュー アフィリエイト
スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。