スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホッケの比較

羅臼産の赤ホッケ」も、美味かったナ。
しかし、ナカナカ「礼文・利尻島産」のホッケも負けていない。
さほど大きくもないサイズなのに、何だこの脂のノリは!(@_@;)
皮と身の間に詰まっているDHA脂のせいに違いない。。。(ーー;)


開き物の魚にしては、極めて上品に薄い塩味である。
そのおかげで、ホッケの旨味が直に堪能できる。
塩のキツイ物や、冷凍後の時間が経った物にあるエグミが無い。
正真正銘、ホッケの旨さのみで勝負しているのが分かる。

北海道は、何を食べても旨いけど、このホッケは格別だなぁ~(*^_^*)
居酒屋のデカイだけの縞ホッケに慣れた舌が驚いちゃうよ。


悪い開きホッケは、焼くとすぐ分かる。
まず、骨の身離れの良さ。
ホッケは、元来骨から身離れしやすい部類だ。
身離れしにくい時点で、脂のノリが最悪の証拠である。

次に加工具合。
加工や保存の悪いものは、腹身部分の真ん中部位が茶色く変色している。
決まって、その部位を食べるとエグイか、塩辛いかのどちらかだ。
ただ、安いだけのホッケを買うと、こんなヒドイ目に合う。


それに比べて、ココのホッケの見事な仕上がり。
身のプリプリ感は、今まで食べた中ではダントツだ。
中振りの大きさなのに、身が厚い。
もはや、脂のノリは、言うまでも無い。

ホッケは、今度からココにしよう。

 ホッケの開き
スポンサーサイト

comment

Secre

ナイスでグー


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』


ショップチャンネル:24時間生放送 テレビショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


DHCオンラインショップ
永谷園通販トップページ
QVCジャパン
大丸がオススメする季節の情報をご紹介


おすすめリンク
最近の記事
ブログ検索
プロフィール

探索猫

  • Author:探索猫
  • 結構いいものだニャン
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。